株式会社七呂建設の特色とは

昭和35年に創業した株式会社七呂建設は、実績や知名度が高い企業だといわれています。注文住宅の分野では、主に南九州エリアで知られているようです。真摯で堅実な家づくりを評価され、鹿児島県内では戸建住宅着工棟数で2位という記録を持っているといいます。高い成長率から、業界誌でも取り上げられることも多いという株式会社七呂建設について知っておいて損はないでしょう。

まず注目したいのは、七呂建設の特徴です。半世紀以上ものあいだ建設工事に携わっているとのことで、知名度も高く技術力も優れたものを持っているといいます。鹿児島市民文化ホールや鹿児島アリーナ、県民交流センターといった大型の工事にも関わっているとのことで、そのノウハウの蓄積も見逃せません。注文住宅の分野においては、デザイン住宅や防災住宅、太陽光発電住宅といった顧客のニーズに対応する提案力を見せているようです。このような活動を長年積み重ねていることに加えて、コマーシャルにも力を入れているといいます。テレビCMを中心とした広告活動により、抜群の知名度を誇っているのだそうです。そのような実績から、鹿児島地区をはじめ、最近では宮崎県への進出も果たしているといいます。このような事業展開をしていることから、今では社員数も足りないほどなのだそうです。

さらに、株式会社七呂建設では、さまざまな取り組みが進められているといいます。それは「顧客に喜ばれる家づくり」の実現のためです。これまでのノウハウから生み出された、物件や設備に関する明確な金額表示のついたプラン集は、分かりやすいと高評価を得ているようです。具体的な顧客の家づくりのプランと価格がマッチングしやすく、安心感が高いというのも見逃せないポイントでしょう。初回の商談には、このプラン集がとくに強い力を発揮するといいます。間取りなどの住宅構造だけでなく、資金計画についても素早く対応することで、満足感を充実させることにも繋がっているそうです。七呂建設の持っている商品力や対応力に、このように明確な金額の提示されているプラン集があるというのは、建設業界ではあまりないことだとされています。このような特徴を持っていることで、信頼感が高く納得のいく家づくりを提供することが可能になっているようです。家づくりに夢や希望を持っている人にとっては、株式会社七呂建設は目の離せない存在となるのではないでしょうか。また、注文住宅の販売に携わる人にとっても、七呂建設は特別な存在となるようです。高い集客力や新人育成能力に長けているということで、新卒定着率は2013年から100%を維持しているといいます。このような特色のある企業を知っておくことが、今の社会では重要なのかもしれません。

日本の社会問題に関心がある七呂建設

現在の日本では、深刻な社会問題が噴出している状況です。先行きの不透明な雇用問題、安定した成長に期待できないGDPなど、暗い気持ちになる人も多いでしょう。このような社会問題に対して、社長自ら真剣に取り組んでいる企業があることをご存知でしょうか。社会問題に対し、住宅を通じて積極的に関わり合うことができる職場について調べていきましょう。

株式会社七呂建設は昭和35年の4月に創業したそうです。当時は大型施設の型枠建設会社として知られていたとのことで、鹿児島県内でもトップクラスの企業といわれていたようです。しかし、大型の施設建設がバブルが崩壊すると同時に減少していき、業績も悪化していったといいます。しかし、住宅会社として事業内容を転換することによって、新しい道を切り拓いたのだそうです。このようなフロンティアスピリッツを持っていることで、多くの人から信頼を勝ち取ることに成功できたといいます。さらに注目すべきはその伸び率です。株式会社七呂建設が住宅事業に関わってから、わずか8年で鹿児島県内に新築住宅着工数を増やしたのだそうです。数多の企業の中でもその実績は第2位と、確かなキャリアを積み重ねることに成功できたといいます。

七呂建設の会社情報はこちら!

このように、新規事業においても、その願いを諦めなければ大きな成果を成し遂げることができると、株式会社七呂建設は教えてくれているようにも見えます。また、イシンホームと提携することによって、クオリティの高い住宅を販売することにも成功しているそうです。太陽光発電を自宅で行うことで可能となった「ローン0円住宅」や、天然無垢の桧杉松を利用した「四季ZEN」を挙げることができます。また、女性の目線に立って設計されている「働くお母さんに贈る家」など、どれも個性的かつ内容にも富んだ、バラエティ豊かなオリジナル商品を株式会社七呂建設では企画販売を行っているようです。

このように、商品力の高いことが見て取れる株式会社七呂建設は、働く人にとっても有利になっているといいます。それは確かな実績とノウハウを積み重ねた歴史があるというのがまずひとつ。それと、人気の高い商品を取り扱っていることによって集客力があるため、顧客集めに時間を割く必要がないというのがもうひとつの理由なのだそうです。これにより時間に余裕ができるため、さらなる顧客満足度の向上や自分のスキルを磨き上げることに邁進することができるといいます。七呂建設の企業自体に力があるからこそ、のびのびと自分の実力を発揮することができるのだそうです。それは、住宅販売においても同じことがいえるでしょう。七呂建設のような会社が多くなることで、日本の社会問題も軽減するのではと考えている人もいるようです。

商品力が高い株式会社七呂建設

住宅関連の仕事は取り扱う商品の金額が高いため、その分やりがいがあるといわれています。しかし、新入社員として入ったときにはどのようなことをすればいいか分からず、不安になるという人もいるようです。一体、住宅販売に関連した仕事に就職するときには、どのようなことに注意すべきなのでしょうか。南九州エリアで事業展開をしているという、株式会社七呂建設を例にとって見てみましょう。

まず、住宅販売において欠かせないのが、顧客を探すということです。どのような物件を持っていたとしても、まずは顧客がいなければセールスをすることができません。その点では、株式会社七呂建設は有利だといえるようです。長年培ってきた歴史や高い知名度を持っていて、実績もあり、信頼感を獲得している企業とのことで、自分から新規開拓するまでもなく、すぐさま商品を顧客に勧めることが可能なのだそうです。商談がスムーズにいくと、その分自社商品の開発や自己啓発に向けた時間に充てることができるようになるといいます。そのような取り組みは、より一層株式会社七呂建設の体力を大きくしていき、良い循環が生まれるようです。

また、高い商品力にも定評があるという株式会社七呂建設では、ある特徴的な取り組みをしているといいます。それは、これまでの実績から導き出された、建物や備品に関する明確な金額提示なのだそうです。これらをもとにしたプラン集は、顧客の住宅へのイメージをより一層具体的にしていくといいます。資金計画は、住宅購入の重要なポイントです。お金まわりの問題をクリアにしておくことで、具体的なニーズを顧客側から導き出すこともできるそうです。また、そのような多彩なニーズに対応することができる実力を持っていることこそが、株式会社七呂建設の強みだという声もあるといいます。顧客に納得してもらい、その上で信頼関係を築き上げることで、安心して家づくりを任せることができるという評価を得ている株式会社七呂建設は、人づての紹介や口コミでの依頼も多いのだそうです。

このような住宅販売を行っているという株式会社七呂建設では、営業や設計、工務などで人材の募集を行っているようです。また、これらの業種はすべてが分業制ではなく、家づくりに関わる上での知識を共有するという形を取っているといいます。このような取り組みは、それぞれの仕事を円滑にするだけでなく、社員のスキルの底上げにも役立っているようです。もしも、住宅業界で生き抜くための力を身につけたいと考えているのであれば、株式会社七呂建設のような企業について知っておくのも良いかもしれません。ここしかないと思えたのであれば、エントリーするのも良いでしょう。

イシンホームと株式会社七呂建設

現在、日本全国のさまざまな地域で、大規模な地震による被害が報告されています。自然災害は家づくりにおいて大きな障害となります。地震だけではなく、川の氾濫や土砂災害、大雨などによる水害も見逃すことができません。今の日本では、災害に対する危機管理が欠かせないという声もあがっています。一体、家づくりをする上で任せたいと思える企業とは、どのようなところなのでしょうか。

南九州エリアを中心に、現在大きく成長中とされている株式会社七呂建設は、長年のキャリアやノウハウを持っている企業のようです。株式会社七呂建設は、イシンホーム住宅研究会に加入しています。イシンホーム住宅研究会とは、日本全国の約180社が参加している家づくりの研究ネットワークです。家づくりを天職としている企業が集まっているとのことで、そのスキルは高いと評価されているようです。このイシンホームが組織化されたきっかけとなっているのが、阪神淡路大震災です。この震災が起こったときに、家づくりの職人達は風呂を仮設するなどのボランティア活動を行うため、被災地に向かったといいます。そのときに感じた、「本当に大変なときに、皆のために動こうとする家づくりの仲間たちと協力して、良い家をつくりたい」という思いが、イシンホームの原点になっているのだそうです。

このような思いを持っているイシンホームに加入している株式会社七呂建設は、高い商品力を兼ね備えているといいます。株式会社七呂建設では防災住宅だけではなく、太陽光発電住宅やデザイン住宅なども手掛けているようです。さらに、このようなニーズに応えることや、鹿児島市民文化アリーナ、鹿児島アリーナ、県民交流センターなどの工事に関わることによって、ノウハウを蓄積しているといいます。イシンホームとの連携と長い歴史による実績。これが株式会社七呂建設の強さといえるのだそうです。

株式会社七呂建設は、顧客のニーズに応えるための商品力と提案力、そして技術力や人間力を兼ね備えている企業として評価されているといいます。この企業では、成長意欲を促進させるような仕掛けを社員にほどこしているのだそうです。顧客からの強い熱意や「ありがとう」の言葉から、現場監督と住宅プランニングを自分でできるようになろうと志す社員もいるようです。このような成長意欲は、業界の中で成長率全国2位という実績をもって立証されているといいます。新卒定着率も100%を達成していることも、働く上では安心感と信頼感に通じることでしょう。株式会社七呂建設は、ますます発展していくという声もあるようです。就職先の候補として申し分ないといえるのではないでしょうか。

住宅販売で身を立てるのなら七呂建設

住宅というのは、暮らしの基盤となる存在です。その住宅をつくり、人の手に渡すというのは、その人の生活の門出を最初に祝うことができる重要なポジションだと考える人もいます。それだけではなく、住宅は扱う金額が大きいので、その分仕事にやりがいを持つことができるという考え方もあるようです。このようなことを理由に、人気が高いとされる住宅販売に関わる職業ですが、職に就くためにはどのような点に気をつけるべきなのでしょうか。

まず、注目すべきなのは、その企業の持っている商品力でしょう。たとえば、株式会社七呂建設は、南九州エリアで主に事業展開をしているという会社ですが、その商品力の高さには注目が集まっているといいます。阪神淡路大震災を機に組織化されたイシンホームの中でも、着工数はかなりのもののようです。新築着工棟数では、鹿児島県内で第2位という確かな実績を積み重ねているといいます。商品の内容には「働くお母さんに贈る家」や「ローン0円住宅」、「四季ZEN」などといった、名前だけを聞いても気になるような魅力的なものばかり。このような商品をたくさん取り揃えていることが、株式会社七呂建設のストロングポイントになっているといいます。

さらに、株式会社七呂建設には、長い歴史で培われた膨大なノウハウがあるそうです。大型施設の型枠建設会社として設立された株式会社七呂建設は、鹿児島アリーナや県民交流センター、鹿児島市民文化ホールといった名の知れた建造物の建築に関わったといいます。住宅販売においてもそのスキルを生かしているため、より多くの実績を積み重ねることが可能となっているようです。さらに、テレビCMなどのプロモーション活動にも力を入れているといいます。このことにより、知名度も高くなっているようで、この点も見逃せない要素といえるでしょう。

株式会社七呂建設のように商品力とノウハウ、そして知名度を兼ね備えた企業に就職することによって、どのようなメリットがあるのでしょうか。たとえば、集客力が高いため、自分で営業をかける手間が省くことができる点を挙げることができるでしょう。そして、浮いた分の時間を自分のスキルアップのために使うことができるといいます。そうして培った能力を住宅販売に使えば、さらなる結果を期待することができるでしょう。もしも、住宅販売で生計を立てることを考えている人がいるのであれば、株式会社七呂建設のような会社を選ぶことがベストかもしれません。そうでなくても、就職活動には情報収集が大きなカギとなります。なるべく多く株式会社七呂建設のような企業情報を得ることで、求人情報に応募し、採用を勝ち取ることで充実した人生を送りましょう。